Version 1.1 of the definition has been released. Please help updating it, contribute translations, and help us with the design of logos and buttons to identify free cultural works and licenses!

Abuse filter log

Abuse Filter navigation (Home | Recent filter changes | Examine past edits | Abuse log)
Jump to navigation Jump to search
Details for log entry 7,556

04:17, 12 August 2013: Dtxn015ub (talk | contribs) triggered filter 9, performing the action "edit" on User:Dtxn015ub. Actions taken: Disallow; Filter description: Inserting HTML into pages (examine)

Changes made in edit

 
+
Oakley usa <h1>oakley usa</h1>ロンドン<br><br>グウィネス演ずる、ヘレンが何かあるとよくたたずんでいたのが、この橋です。昨年(98年)11月、映画が公開されているのを観てから、ロンドン旅行に行き、訪れました。橋の真ん中に立ち、川を眺めれば、もう気分はグウィネス場所は地下鉄の「sloane <strong>oakley usa</strong> square」で降りて、Kings <strong>oakley usa</strong> roadを西に歩いて行き、OAKLEY ST,オークリー.に入るために左に曲がります。そこを真っ直ぐ行くとたどり着きます。大体の地図に載っているので、地図を見ていただいたほうがわかりやすいかもしれません。本当に綺麗な橋だし、テムズ川を挟んで反対側にBattersea Parkがあるので、景色もいいです。橋を見てからBattersea  Parkを眺めながら、テムズ川沿いを歩くのもとても気持ちいいですただ、地下鉄の駅から結構距離があるので時間があるときに、買物がてら(キングスロードはショッピングも楽しめます。)、歩きやすい靴でどうぞ。私は足が痛くなり、途中からダブルデッカーに頼らざるを得なくなりました…<br><br>チェイニー・ウォークのほうに向かって橋を撮ったものです川辺に降りる階段もあったので、行ってみたかったのですが、1.4mぐらいの高い柵を乗り越えることができず挫折(笑)。次こそは、折畳式の梯子を持って行きます!<br><br>ジェリーの浮気現場に出くわした後、ヘレンが泣いていたのは<br><br>橋の西側の歩道です。もちろん、私も<br><br>ヘレンのように <img src="/img/ibank/2012/787/927/668729787_1729559007.jpg" alt="oakley usa" /> 川面を見つめましたその後、もう一度 <span style="text-decoration: underline,oakley usa</span> ジェイムズとヘレンが<br><br>橋の上にくるシーンがありますが、このシーンが面白いですジェイムズが <em>oakley [url=[img]usa</em> ヘレンに呼びかけるのですが、なんと<br><br>二人とも [url=<object width="420" height="315"><param name="movie" value="///v/SJhOtpWW8WY?version=3&amp;hl=ja_JP&amp;rel=0"></param><param name="allowFullScreen" value="true"></param><param name="allowscriptaccess" value="always"></param><embed src="///v/SJhOtpWW8WY?version=3&amp;hl=ja_JP&amp;rel=0" type="application/x-shockwave-flash" width="420" height="315" allowscriptaccess="always" allowfullscreen="true"></embed></object>][/url] <h2>oakley usa</h2> チェイニー・ウォーク側にいるのです。ジェイムズが<br><br>呼びかけるショットのあと、ヘレンのショットに変わりますが、同じ背景…<br><br>同じ小屋や同じ建物が見えますこのシーンは、ドキドキしながら<br><br>見るシーンなのですが、帰国後<br><br>見直してみると、あまりにも奇妙なので<br><br>吹きだしてしまいました(笑)その後 このシーンを <a href="" target="_blank">オークリー</a> 4,5回 <h3>oakley usa</h3> 見て、ようやく収まり、二人の恋の行方を案じながら見れるようになりました♪<br><br>「フォトグラフィング・フェアリー」他<br><br>以前近くにステイしていたことがあるのですが、お気にいりの町です。公園と、落ち付いた町並と、そして英国海軍の歴史の香る町。特にテムズ沿いの王立海軍大学、グリニッジ公園に隣接した元海軍病院の建物だった海事博物館(展示が凄く充実!)とチャールズ二世妃ヘンリエッタ・マライアの別邸だったクイーンズ・ハウスのたたずまいはとても美しいです。緑の公園と丘に白い古典様式の建物が映えて、なんというか英国的な美。クイーンズ・ハウスと博物館は確か「いつか晴れた日に」で使用されていました。うろ覚えですが、「恋の闇愛の光」には海軍大学のチャペル(自信なし)が使われていたような。あと、未公開作なんでアレですけど、「フォトグラフィング・フェアリー」で、海事博物館とクイーンズ・ハウスの間の柱廊がとても効果的に使われていました。トビー・スティーヴンス演じる主人公の青年が最後に*****シーンで、雪が降っていて、白い柱の間を静かに歩いて行くの。美しかったですー蛇足ですが、ここでは土日に大規模なマーケットが開かれます。お勧めです。ロンドンから船に乗っていくもよし、ドックランド・ライト・レイルウェイズで対岸まで来て、薄暗~いトンネルでテムズの下を潜るもよし。 oakley usa

Action parameters

VariableValue
Edit count of the user (user_editcount)
1
Name of the user account (user_name)
Dtxn015ub
Time email address was confirmed (user_emailconfirm)
Age of the user account (user_age)
2837002
Groups (including implicit) the user is in (user_groups)
* user autoconfirmed
Page ID (page_id)
0
Page namespace (page_namespace)
2
Page title (without namespace) (page_title)
Dtxn015ub
Full page title (page_prefixedtitle)
User:Dtxn015ub
Create protection of the page (page_restrictions_create)
Edit protection level of the page (page_restrictions_edit)
Move protection level of the page (page_restrictions_move)
Upload protection of the file (page_restrictions_upload)
Last ten users to contribute to the page (page_recent_contributors)
Action (action)
edit
Edit summary/reason (summary)
オークリー ロンドン
Whether or not the edit is marked as minor (no longer in use) (minor_edit)
Old page wikitext, before the edit (old_wikitext)
New page wikitext, after the edit (new_wikitext)
Oakley usa <h1>oakley usa</h1>ロンドン<br><br>グウィネス演ずる、ヘレンが何かあるとよくたたずんでいたのが、この橋です。昨年(98年)11月、映画が公開されているのを観てから、ロンドン旅行に行き、訪れました。橋の真ん中に立ち、川を眺めれば、もう気分はグウィネス場所は地下鉄の「sloane <strong>oakley usa</strong> square」で降りて、Kings <strong>oakley usa</strong> roadを西に歩いて行き、OAKLEY ST,オークリー.に入るために左に曲がります。そこを真っ直ぐ行くとたどり着きます。大体の地図に載っているので、地図を見ていただいたほうがわかりやすいかもしれません。本当に綺麗な橋だし、テムズ川を挟んで反対側にBattersea Parkがあるので、景色もいいです。橋を見てからBattersea Parkを眺めながら、テムズ川沿いを歩くのもとても気持ちいいですただ、地下鉄の駅から結構距離があるので時間があるときに、買物がてら(キングスロードはショッピングも楽しめます。)、歩きやすい靴でどうぞ。私は足が痛くなり、途中からダブルデッカーに頼らざるを得なくなりました…<br><br>チェイニー・ウォークのほうに向かって橋を撮ったものです川辺に降りる階段もあったので、行ってみたかったのですが、1.4mぐらいの高い柵を乗り越えることができず挫折(笑)。次こそは、折畳式の梯子を持って行きます!<br><br>ジェリーの浮気現場に出くわした後、ヘレンが泣いていたのは<br><br>橋の西側の歩道です。もちろん、私も<br><br>ヘレンのように <img src="/img/ibank/2012/787/927/668729787_1729559007.jpg" alt="oakley usa" /> 川面を見つめましたその後、もう一度 <span style="text-decoration: underline,oakley usa</span> ジェイムズとヘレンが<br><br>橋の上にくるシーンがありますが、このシーンが面白いですジェイムズが <em>oakley [url=[img]usa</em> ヘレンに呼びかけるのですが、なんと<br><br>二人とも [url=<object width="420" height="315"><param name="movie" value="///v/SJhOtpWW8WY?version=3&amp;hl=ja_JP&amp;rel=0"></param><param name="allowFullScreen" value="true"></param><param name="allowscriptaccess" value="always"></param><embed src="///v/SJhOtpWW8WY?version=3&amp;hl=ja_JP&amp;rel=0" type="application/x-shockwave-flash" width="420" height="315" allowscriptaccess="always" allowfullscreen="true"></embed></object>][/url] <h2>oakley usa</h2> チェイニー・ウォーク側にいるのです。ジェイムズが<br><br>呼びかけるショットのあと、ヘレンのショットに変わりますが、同じ背景…<br><br>同じ小屋や同じ建物が見えますこのシーンは、ドキドキしながら<br><br>見るシーンなのですが、帰国後<br><br>見直してみると、あまりにも奇妙なので<br><br>吹きだしてしまいました(笑)その後 このシーンを <a href="" target="_blank">オークリー</a> 4,5回 <h3>oakley usa</h3> 見て、ようやく収まり、二人の恋の行方を案じながら見れるようになりました♪<br><br>「フォトグラフィング・フェアリー」他<br><br>以前近くにステイしていたことがあるのですが、お気にいりの町です。公園と、落ち付いた町並と、そして英国海軍の歴史の香る町。特にテムズ沿いの王立海軍大学、グリニッジ公園に隣接した元海軍病院の建物だった海事博物館(展示が凄く充実!)とチャールズ二世妃ヘンリエッタ・マライアの別邸だったクイーンズ・ハウスのたたずまいはとても美しいです。緑の公園と丘に白い古典様式の建物が映えて、なんというか英国的な美。クイーンズ・ハウスと博物館は確か「いつか晴れた日に」で使用されていました。うろ覚えですが、「恋の闇愛の光」には海軍大学のチャペル(自信なし)が使われていたような。あと、未公開作なんでアレですけど、「フォトグラフィング・フェアリー」で、海事博物館とクイーンズ・ハウスの間の柱廊がとても効果的に使われていました。トビー・スティーヴンス演じる主人公の青年が最後に*****シーンで、雪が降っていて、白い柱の間を静かに歩いて行くの。美しかったですー蛇足ですが、ここでは土日に大規模なマーケットが開かれます。お勧めです。ロンドンから船に乗っていくもよし、ドックランド・ライト・レイルウェイズで対岸まで来て、薄暗~いトンネルでテムズの下を潜るもよし。 oakley usa
Unified diff of changes made by edit (edit_diff)
@@ -1,1 +1,1 @@ - +Oakley usa <h1>oakley usa</h1>ロンドン<br><br>グウィネス演ずる、ヘレンが何かあるとよくたたずんでいたのが、この橋です。昨年(98年)11月、映画が公開されているのを観てから、ロンドン旅行に行き、訪れました。橋の真ん中に立ち、川を眺めれば、もう気分はグウィネス場所は地下鉄の「sloane <strong>oakley usa</strong> square」で降りて、Kings <strong>oakley usa</strong> roadを西に歩いて行き、OAKLEY ST,オークリー.に入るために左に曲がります。そこを真っ直ぐ行くとたどり着きます。大体の地図に載っているので、地図を見ていただいたほうがわかりやすいかもしれません。本当に綺麗な橋だし、テムズ川を挟んで反対側にBattersea Parkがあるので、景色もいいです。橋を見てからBattersea Parkを眺めながら、テムズ川沿いを歩くのもとても気持ちいいですただ、地下鉄の駅から結構距離があるので時間があるときに、買物がてら(キングスロードはショッピングも楽しめます。)、歩きやすい靴でどうぞ。私は足が痛くなり、途中からダブルデッカーに頼らざるを得なくなりました…<br><br>チェイニー・ウォークのほうに向かって橋を撮ったものです川辺に降りる階段もあったので、行ってみたかったのですが、1.4mぐらいの高い柵を乗り越えることができず挫折(笑)。次こそは、折畳式の梯子を持って行きます!<br><br>ジェリーの浮気現場に出くわした後、ヘレンが泣いていたのは<br><br>橋の西側の歩道です。もちろん、私も<br><br>ヘレンのように <img src="/img/ibank/2012/787/927/668729787_1729559007.jpg" alt="oakley usa" /> 川面を見つめましたその後、もう一度 <span style="text-decoration: underline,oakley usa</span> ジェイムズとヘレンが<br><br>橋の上にくるシーンがありますが、このシーンが面白いですジェイムズが <em>oakley [url=[img]usa</em> ヘレンに呼びかけるのですが、なんと<br><br>二人とも [url=<object width="420" height="315"><param name="movie" value="///v/SJhOtpWW8WY?version=3&amp;hl=ja_JP&amp;rel=0"></param><param name="allowFullScreen" value="true"></param><param name="allowscriptaccess" value="always"></param><embed src="///v/SJhOtpWW8WY?version=3&amp;hl=ja_JP&amp;rel=0" type="application/x-shockwave-flash" width="420" height="315" allowscriptaccess="always" allowfullscreen="true"></embed></object>][/url] <h2>oakley usa</h2> チェイニー・ウォーク側にいるのです。ジェイムズが<br><br>呼びかけるショットのあと、ヘレンのショットに変わりますが、同じ背景…<br><br>同じ小屋や同じ建物が見えますこのシーンは、ドキドキしながら<br><br>見るシーンなのですが、帰国後<br><br>見直してみると、あまりにも奇妙なので<br><br>吹きだしてしまいました(笑)その後 このシーンを <a href="" target="_blank">オークリー</a> 4,5回 <h3>oakley usa</h3> 見て、ようやく収まり、二人の恋の行方を案じながら見れるようになりました♪<br><br>「フォトグラフィング・フェアリー」他<br><br>以前近くにステイしていたことがあるのですが、お気にいりの町です。公園と、落ち付いた町並と、そして英国海軍の歴史の香る町。特にテムズ沿いの王立海軍大学、グリニッジ公園に隣接した元海軍病院の建物だった海事博物館(展示が凄く充実!)とチャールズ二世妃ヘンリエッタ・マライアの別邸だったクイーンズ・ハウスのたたずまいはとても美しいです。緑の公園と丘に白い古典様式の建物が映えて、なんというか英国的な美。クイーンズ・ハウスと博物館は確か「いつか晴れた日に」で使用されていました。うろ覚えですが、「恋の闇愛の光」には海軍大学のチャペル(自信なし)が使われていたような。あと、未公開作なんでアレですけど、「フォトグラフィング・フェアリー」で、海事博物館とクイーンズ・ハウスの間の柱廊がとても効果的に使われていました。トビー・スティーヴンス演じる主人公の青年が最後に*****シーンで、雪が降っていて、白い柱の間を静かに歩いて行くの。美しかったですー蛇足ですが、ここでは土日に大規模なマーケットが開かれます。お勧めです。ロンドンから船に乗っていくもよし、ドックランド・ライト・レイルウェイズで対岸まで来て、薄暗~いトンネルでテムズの下を潜るもよし。 oakley usa
New page size (new_size)
4953
Old page size (old_size)
0
Size change in edit (edit_delta)
4953
Lines added in edit (added_lines)
Oakley usa <h1>oakley usa</h1>ロンドン<br><br>グウィネス演ずる、ヘレンが何かあるとよくたたずんでいたのが、この橋です。昨年(98年)11月、映画が公開されているのを観てから、ロンドン旅行に行き、訪れました。橋の真ん中に立ち、川を眺めれば、もう気分はグウィネス場所は地下鉄の「sloane <strong>oakley usa</strong> square」で降りて、Kings <strong>oakley usa</strong> roadを西に歩いて行き、OAKLEY ST,オークリー.に入るために左に曲がります。そこを真っ直ぐ行くとたどり着きます。大体の地図に載っているので、地図を見ていただいたほうがわかりやすいかもしれません。本当に綺麗な橋だし、テムズ川を挟んで反対側にBattersea Parkがあるので、景色もいいです。橋を見てからBattersea Parkを眺めながら、テムズ川沿いを歩くのもとても気持ちいいですただ、地下鉄の駅から結構距離があるので時間があるときに、買物がてら(キングスロードはショッピングも楽しめます。)、歩きやすい靴でどうぞ。私は足が痛くなり、途中からダブルデッカーに頼らざるを得なくなりました…<br><br>チェイニー・ウォークのほうに向かって橋を撮ったものです川辺に降りる階段もあったので、行ってみたかったのですが、1.4mぐらいの高い柵を乗り越えることができず挫折(笑)。次こそは、折畳式の梯子を持って行きます!<br><br>ジェリーの浮気現場に出くわした後、ヘレンが泣いていたのは<br><br>橋の西側の歩道です。もちろん、私も<br><br>ヘレンのように <img src="/img/ibank/2012/787/927/668729787_1729559007.jpg" alt="oakley usa" /> 川面を見つめましたその後、もう一度 <span style="text-decoration: underline,oakley usa</span> ジェイムズとヘレンが<br><br>橋の上にくるシーンがありますが、このシーンが面白いですジェイムズが <em>oakley [url=[img]usa</em> ヘレンに呼びかけるのですが、なんと<br><br>二人とも [url=<object width="420" height="315"><param name="movie" value="///v/SJhOtpWW8WY?version=3&amp;hl=ja_JP&amp;rel=0"></param><param name="allowFullScreen" value="true"></param><param name="allowscriptaccess" value="always"></param><embed src="///v/SJhOtpWW8WY?version=3&amp;hl=ja_JP&amp;rel=0" type="application/x-shockwave-flash" width="420" height="315" allowscriptaccess="always" allowfullscreen="true"></embed></object>][/url] <h2>oakley usa</h2> チェイニー・ウォーク側にいるのです。ジェイムズが<br><br>呼びかけるショットのあと、ヘレンのショットに変わりますが、同じ背景…<br><br>同じ小屋や同じ建物が見えますこのシーンは、ドキドキしながら<br><br>見るシーンなのですが、帰国後<br><br>見直してみると、あまりにも奇妙なので<br><br>吹きだしてしまいました(笑)その後 このシーンを <a href="" target="_blank">オークリー</a> 4,5回 <h3>oakley usa</h3> 見て、ようやく収まり、二人の恋の行方を案じながら見れるようになりました♪<br><br>「フォトグラフィング・フェアリー」他<br><br>以前近くにステイしていたことがあるのですが、お気にいりの町です。公園と、落ち付いた町並と、そして英国海軍の歴史の香る町。特にテムズ沿いの王立海軍大学、グリニッジ公園に隣接した元海軍病院の建物だった海事博物館(展示が凄く充実!)とチャールズ二世妃ヘンリエッタ・マライアの別邸だったクイーンズ・ハウスのたたずまいはとても美しいです。緑の公園と丘に白い古典様式の建物が映えて、なんというか英国的な美。クイーンズ・ハウスと博物館は確か「いつか晴れた日に」で使用されていました。うろ覚えですが、「恋の闇愛の光」には海軍大学のチャペル(自信なし)が使われていたような。あと、未公開作なんでアレですけど、「フォトグラフィング・フェアリー」で、海事博物館とクイーンズ・ハウスの間の柱廊がとても効果的に使われていました。トビー・スティーヴンス演じる主人公の青年が最後に*****シーンで、雪が降っていて、白い柱の間を静かに歩いて行くの。美しかったですー蛇足ですが、ここでは土日に大規模なマーケットが開かれます。お勧めです。ロンドンから船に乗っていくもよし、ドックランド・ライト・レイルウェイズで対岸まで来て、薄暗~いトンネルでテムズの下を潜るもよし。 oakley usa
Lines removed in edit (removed_lines)
Parsed HTML source of the new revision (new_html)
<div class="mw-parser-output"><p>Oakley usa </p><h1><span class="mw-headline" id="oakley_usa">oakley usa</span></h1><p>ロンドン<br /><br />グウィネス演ずる、ヘレンが何かあるとよくたたずんでいたのが、この橋です。昨年(98年)11月、映画が公開されているのを観てから、ロンドン旅行に行き、訪れました。橋の真ん中に立ち、川を眺めれば、もう気分はグウィネス場所は地下鉄の「sloane <strong>oakley usa</strong> square」で降りて、Kings <strong>oakley usa</strong> roadを西に歩いて行き、OAKLEY ST,オークリー.に入るために左に曲がります。そこを真っ直ぐ行くとたどり着きます。大体の地図に載っているので、地図を見ていただいたほうがわかりやすいかもしれません。本当に綺麗な橋だし、テムズ川を挟んで反対側にBattersea Parkがあるので、景色もいいです。橋を見てからBattersea Parkを眺めながら、テムズ川沿いを歩くのもとても気持ちいいですただ、地下鉄の駅から結構距離があるので時間があるときに、買物がてら(キングスロードはショッピングも楽しめます。)、歩きやすい靴でどうぞ。私は足が痛くなり、途中からダブルデッカーに頼らざるを得なくなりました…<br /><br />チェイニー・ウォークのほうに向かって橋を撮ったものです川辺に降りる階段もあったので、行ってみたかったのですが、1.4mぐらいの高い柵を乗り越えることができず挫折(笑)。次こそは、折畳式の梯子を持って行きます!<br /><br />ジェリーの浮気現場に出くわした後、ヘレンが泣いていたのは<br /><br />橋の西側の歩道です。もちろん、私も<br /><br />ヘレンのように &lt;img src="/img/ibank/2012/787/927/668729787_1729559007.jpg" alt="oakley usa" /&gt; 川面を見つめましたその後、もう一度 &lt;span style="text-decoration: underline,oakley usa ジェイムズとヘレンが<br /><br />橋の上にくるシーンがありますが、このシーンが面白いですジェイムズが <em>oakley [url=[img]usa</em> ヘレンに呼びかけるのですが、なんと<br /><br />二人とも [url=&lt;object width="420" height="315"&gt;&lt;param name="movie" value="///v/SJhOtpWW8WY?version=3&amp;hl=ja_JP&amp;rel=0"&gt;&lt;/param&gt;&lt;param name="allowFullScreen" value="true"&gt;&lt;/param&gt;&lt;param name="allowscriptaccess" value="always"&gt;&lt;/param&gt;&lt;embed src="///v/SJhOtpWW8WY?version=3&amp;hl=ja_JP&amp;rel=0" type="application/x-shockwave-flash" width="420" height="315" allowscriptaccess="always" allowfullscreen="true"&gt;&lt;/embed&gt;&lt;/object&gt;][/url] </p><h2><span class="mw-headline" id="oakley_usa_2">oakley usa</span></h2><p> チェイニー・ウォーク側にいるのです。ジェイムズが<br /><br />呼びかけるショットのあと、ヘレンのショットに変わりますが、同じ背景…<br /><br />同じ小屋や同じ建物が見えますこのシーンは、ドキドキしながら<br /><br />見るシーンなのですが、帰国後<br /><br />見直してみると、あまりにも奇妙なので<br /><br />吹きだしてしまいました(笑)その後 このシーンを &lt;a href="" target="_blank"&gt;オークリー&lt;/a&gt; 4,5回 </p><h3><span class="mw-headline" id="oakley_usa_3">oakley usa</span></h3><p> 見て、ようやく収まり、二人の恋の行方を案じながら見れるようになりました♪<br /><br />「フォトグラフィング・フェアリー」他<br /><br />以前近くにステイしていたことがあるのですが、お気にいりの町です。公園と、落ち付いた町並と、そして英国海軍の歴史の香る町。特にテムズ沿いの王立海軍大学、グリニッジ公園に隣接した元海軍病院の建物だった海事博物館(展示が凄く充実!)とチャールズ二世妃ヘンリエッタ・マライアの別邸だったクイーンズ・ハウスのたたずまいはとても美しいです。緑の公園と丘に白い古典様式の建物が映えて、なんというか英国的な美。クイーンズ・ハウスと博物館は確か「いつか晴れた日に」で使用されていました。うろ覚えですが、「恋の闇愛の光」には海軍大学のチャペル(自信なし)が使われていたような。あと、未公開作なんでアレですけど、「フォトグラフィング・フェアリー」で、海事博物館とクイーンズ・ハウスの間の柱廊がとても効果的に使われていました。トビー・スティーヴンス演じる主人公の青年が最後に*****シーンで、雪が降っていて、白い柱の間を静かに歩いて行くの。美しかったですー蛇足ですが、ここでは土日に大規模なマーケットが開かれます。お勧めです。ロンドンから船に乗っていくもよし、ドックランド・ライト・レイルウェイズで対岸まで来て、薄暗~いトンネルでテムズの下を潜るもよし。 oakley usa</p> <!-- NewPP limit report Cached time: 20201130175517 Cache expiry: 86400 Dynamic content: false Complications: [] CPU time usage: 0.003 seconds Real time usage: 0.003 seconds Preprocessor visited node count: 1/1000000 Post‐expand include size: 0/2097152 bytes Template argument size: 0/2097152 bytes Highest expansion depth: 1/40 Expensive parser function count: 0/100 Unstrip recursion depth: 0/20 Unstrip post‐expand size: 0/5000000 bytes --> <!-- Transclusion expansion time report (%,ms,calls,template) 100.00% 0.000 1 -total --> </div>
New page text, stripped of any markup (new_text)
Oakley usa oakley usaロンドングウィネス演ずる、ヘレンが何かあるとよくたたずんでいたのが、この橋です。昨年(98年)11月、映画が公開されているのを観てから、ロンドン旅行に行き、訪れました。橋の真ん中に立ち、川を眺めれば、もう気分はグウィネス場所は地下鉄の「sloane oakley usa square」で降りて、Kings oakley usa roadを西に歩いて行き、OAKLEY ST,オークリー.に入るために左に曲がります。そこを真っ直ぐ行くとたどり着きます。大体の地図に載っているので、地図を見ていただいたほうがわかりやすいかもしれません。本当に綺麗な橋だし、テムズ川を挟んで反対側にBattersea Parkがあるので、景色もいいです。橋を見てからBattersea Parkを眺めながら、テムズ川沿いを歩くのもとても気持ちいいですただ、地下鉄の駅から結構距離があるので時間があるときに、買物がてら(キングスロードはショッピングも楽しめます。)、歩きやすい靴でどうぞ。私は足が痛くなり、途中からダブルデッカーに頼らざるを得なくなりました…チェイニー・ウォークのほうに向かって橋を撮ったものです川辺に降りる階段もあったので、行ってみたかったのですが、1.4mぐらいの高い柵を乗り越えることができず挫折(笑)。次こそは、折畳式の梯子を持って行きます!ジェリーの浮気現場に出くわした後、ヘレンが泣いていたのは橋の西側の歩道です。もちろん、私もヘレンのように &lt;img src="/img/ibank/2012/787/927/668729787_1729559007.jpg" alt="oakley usa" /&gt; 川面を見つめましたその後、もう一度 &lt;span style="text-decoration: underline,oakley usa ジェイムズとヘレンが橋の上にくるシーンがありますが、このシーンが面白いですジェイムズが oakley [url=[img]usa ヘレンに呼びかけるのですが、なんと二人とも [url=&lt;object width="420" height="315"&gt;&lt;param name="movie" value="///v/SJhOtpWW8WY?version=3&amp;hl=ja_JP&amp;rel=0"&gt;&lt;/param&gt;&lt;param name="allowFullScreen" value="true"&gt;&lt;/param&gt;&lt;param name="allowscriptaccess" value="always"&gt;&lt;/param&gt;&lt;embed src="///v/SJhOtpWW8WY?version=3&amp;hl=ja_JP&amp;rel=0" type="application/x-shockwave-flash" width="420" height="315" allowscriptaccess="always" allowfullscreen="true"&gt;&lt;/embed&gt;&lt;/object&gt;][/url] oakley usa チェイニー・ウォーク側にいるのです。ジェイムズが呼びかけるショットのあと、ヘレンのショットに変わりますが、同じ背景…同じ小屋や同じ建物が見えますこのシーンは、ドキドキしながら見るシーンなのですが、帰国後見直してみると、あまりにも奇妙なので吹きだしてしまいました(笑)その後 このシーンを &lt;a href="" target="_blank"&gt;オークリー&lt;/a&gt; 4,5回 oakley usa 見て、ようやく収まり、二人の恋の行方を案じながら見れるようになりました♪「フォトグラフィング・フェアリー」他以前近くにステイしていたことがあるのですが、お気にいりの町です。公園と、落ち付いた町並と、そして英国海軍の歴史の香る町。特にテムズ沿いの王立海軍大学、グリニッジ公園に隣接した元海軍病院の建物だった海事博物館(展示が凄く充実!)とチャールズ二世妃ヘンリエッタ・マライアの別邸だったクイーンズ・ハウスのたたずまいはとても美しいです。緑の公園と丘に白い古典様式の建物が映えて、なんというか英国的な美。クイーンズ・ハウスと博物館は確か「いつか晴れた日に」で使用されていました。うろ覚えですが、「恋の闇愛の光」には海軍大学のチャペル(自信なし)が使われていたような。あと、未公開作なんでアレですけど、「フォトグラフィング・フェアリー」で、海事博物館とクイーンズ・ハウスの間の柱廊がとても効果的に使われていました。トビー・スティーヴンス演じる主人公の青年が最後に*****シーンで、雪が降っていて、白い柱の間を静かに歩いて行くの。美しかったですー蛇足ですが、ここでは土日に大規模なマーケットが開かれます。お勧めです。ロンドンから船に乗っていくもよし、ドックランド・ライト・レイルウェイズで対岸まで来て、薄暗~いトンネルでテムズの下を潜るもよし。 oakley usa
Old page wikitext, parsed into HTML (no longer in use) (old_html)
<div class="mw-parser-output"></div>
Old page text, stripped of any markup (no longer in use) (old_text)
context
filter
Unix timestamp of change (timestamp)
1376277472